本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 マスクドROM の意味 】
出典: Read only memory 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月27日 (木) 00:08 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Read only memory(リードオンリーメモリ、ROM: ロム)は、記録されている情報を読み出すことのみ可能なメモリである。読み出し専用メモリともいう。

[概説] ROMは読み出し専用であり、ROMに記録されている内容は、本来の意味では、書き換えることができない。しかし、「RAM」が基本的にランダムアクセスで読み書きできるものを指すようになっているのに対し、それの対義語のように使われているため、EPROMの類など、何らかの基本的に粗粒度であれば消去と追記ができるものまで含めてROMの語がもっぱら使われている。書き換えできないROMは、配線パターンによって(ICの製造過程の「マスク」から「マスクドROM」という)特定の情報を予め記録した状態で製造される。 ・・・

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 マスクドROM の同義語と関連語 】
< 1 >
Mask ROM masked ROM Read Only Memory Read-Only Memory
ROM マスクROM マスクドROM リードオンリーメモリ
ロム 読み込み専用メモリ 読み出し専用メモリ
















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M