本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 マスター/スレーブ方式 の意味 】
出典: マスタースレーブ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月1日 (日) 12:32 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マスタースレーブ(英: master-slave)は、複数の機器が協調動作する際に、複数機器の制御・操作を司る「マスター」機と、マスター機の一方的な制御下で動作する「スレーブ」機に役割を分担する方式のこと。

[コンピュータにおけるマスタースレーブ] コンピュータにおけるマスタースレーブは、通信プロトコルのモデルの一種であり、1つのハードウェアやプロセスが他の1つまたは複数のデバイスやプロセスを一方的に制御することをいう。デバイスやプロセス群でマスタースレーブ関係が確立されると、制御は常にマスターからスレーブに対して行われる。

● parallel ATAハードディスクドライブにはマスターとスレーブがあるが、マスターがスレーブを制御するわけではない。また、マスターがスレーブに何らかの意味で優先するわけでもない。マスターは単に0番のデバイスを意味し、スレーブは1番のデバイスを意味する。 ・・・

HP Directplus -HP公式オンラインストア- HP Directplus -HP公式オンラインストア-

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 マスター/スレーブ方式 の同義語と関連語 】
< 1 >
master-slave マスター/スレーブ方式 マスタースレーブ マスタースレーブ機能
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム