本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「まち・ひと・しごと創生本部事務局」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: RESAS 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月22日 (木) 13:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RESAS(リーサス)は、日本・内閣府のまち・ひと・しごと創生本部が運用している、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する官民のいわゆるビッグデータを集約し、可視化を試みるシステムである。地域経済分析システムという表現も用いられる。RESASは、Regional Economy (and) Society Analyzing Systemの略である。

[概要] 都道府県・市区町村などの地方自治体が客観的なデータに基づく形で地域の現状や課題を把握できるようにすることを意図しているが、行政関係者以外も多くの機能を利用できる。 2016年11月現在、産業マップ、地域経済循環マップ、農林水産業マップ、観光マップ、人口マップ、消費マップ、自治体比較マップというカテゴリーに分かれている。 ・・・
【まち・ひと・しごと創生本部事務局の同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
Regional Economy and Society Analyzing System まち・ひと・しごと創生本部
Regional Economy Society Analyzing System まち・ひと・しごと創生本部事務局
RESAS 地方創生
リーサス
地域経済分析システム







































































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

小田急のお中元
カスペルスキー セキュリティ 体験版




【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】