本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「末尾呼び出し」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 末尾再帰 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月3日 (水) 04:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

末尾再帰(まつびさいき)とは、再帰的な関数やプロシージャにおいて、自身の再帰呼び出しが、その計算における最後のステップになっているような再帰のパターンのことである。再帰にかかわらず一般に、そのような最後の呼び出しを末尾呼び出し (en:Tail call)という。呼び出しではなく、戻り先を保存しないジャンプに最適化できるという特徴がある。

[手続き型言語と末尾再帰] C言語のような副作用と構造化を基本とする手続き型言語では、言語処理系による自動的な末尾呼び出しへの変換やその最適化(末尾最適化)は難しい。自己再帰を注意して書けば、最適化によりループにできるコンパイラもある、という程度である。 ・・・
【末尾呼び出しの同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
Tail call
まつびさいき
末尾呼び出し
末尾再帰









































































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M


デル株式会社




【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】