本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「マルチエージェントシステム」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: マルチエージェントシステム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月14日 (水) 07:56 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マルチエージェントシステム(Multi-Agent System、MAS)とは、複数のエージェントから構成されるシステムであり、個々のエージェントやモノリシックなシステムでは困難な課題をシステム全体として達成する。それぞれ異なった判定アルゴリズムなどの特徴(キャラクタリスティック)を持ったエージェントモデルを用い(よってマルチエージェントと呼ばれる)、複数かつある一定以上のエージェントを多数設定し、人工社会を構成しそれぞれ特徴の異なったエージェントの相互作用をシミュレーションするシステムである。

[特徴] 同じ特徴を持った複数のノードの相互作用によるシミュレーションとは異なり、例えばさまざまな個性を持った人間社会など一見予測不可能な事象をモデル化し、できるだけ実際に起こりうる状況を再現しようとすることを目的としたシステム。

[適用事例]
● 災害時の避難誘導方針決定システム ・・・
【マルチエージェントシステムの同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
MAS
Multi-Agent
Multi-Agent System
マルチ・エージェント・システム
マルチエージェント
マルチエージェントシステム
モルティー・エージェン・シィステム



































































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ



テレワークにおすすめのモバイルPC


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】