本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「マルチタッチユーザーインターフェース」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: マルチタッチ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年10月9日 (日) 09:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マルチタッチスクリーンコンピューティングにおけるマルチタッチは表面(トラックパッドやタッチパネル)で2点以上のやり取りが存在することを認識するためのタッチセンシングを指す。この複数点認識はたびたびピンチ・トゥ・ズームや前もって定義したプログラムのアクティベーションといった高度な機能を実行するために使用される。曖昧さ解消の努力や一部企業によるさらなるマーケティング分類によってマルチタッチの様々な定義が分類されている。例として3Mではマルチタッチを、3つ以上異なる位置を登録するためのタッチパネル機能と定義している。

[ブランド・製造メーカー] アップルはマルチタッチ技術を使用した製品を数多く販売しており、特に有名なのがスマートフォンのiPhoneとタブレットのiPadである。さらに、アップルはユーザーインターフェイスにおけるマルチタッチの実行に関する特許を持っており、加えてアメリカ合衆国で「マルチタッチ」を商標登録しようとしたが、米国特許商標庁は普通名称と判断したため承認しなかった。 ・・・
【マルチタッチユーザーインターフェースの同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
multi-touch Interface マルチタッチジェスチャー
マルチタッチ マルチタッチスクリーン
マルチタッチ・インターフェース
マルチタッチ・ユーザー・インターフェース
マルチタッチUI
マルチタッチインターフェース
マルチタッチユーザーインターフェース
マルチタッチ操作
複数点認識































































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M







【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】