本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「メモリ拡張ツール」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ハードウェアEMS [外語] Hardware EMS 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/02/19,URL: https://www.wdic.org/

 ハードウェアを利用したEMS。バンクメモリーの一種である。

[概要]
 MS-DOS上で、640Kiバイト以上のメモリーを使用するための規格の一つである。
 具体的には拡張スロットに入れるメモリーボードで、そのボードを挿すと例えばC0000h〜CFFFFhの領域のメモリーアドレスがEMS規格に則ったバンクメモリーとして利用できる。

[特徴]
 仮想EMSはi386以降でしか利用できない。一方、ハードウェアEMSはハードウェアを利用するためCPUの特殊な機能は不要で、8086でも利用できるが、速度は遅かった。実際には、殆ど使われなかった。
出典: EMS [外語] Expanded Memory Specification 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/02/19,URL: https://www.wdic.org/

 MS-DOS上で、640Kiバイト以上のメモリーを使用するための規格の一つ。

[概要]
 最終的には、1987(昭和62)年10月に作られたLIM EMS 4.0という規格が主流となり、各種EMSドライバーもこの規格に沿って作られていた。
 このLIMとは、規格を制定したLotus、Intel、Microsoftの頭文字である。

[特徴]
原理
 動作原理はBMSと大差無いが、切り替える領域を640Kiバイトの外側(コンベンショナルメモリーの外側)に確保する点が異なる。
 規格上は、XMSとは違い、16ビットの8086でも使用できる。但し8086でも使えるものはハードウェアを利用したもので、EMS規格に則ったバンクメモリーである。これをハードウェアEMSという。
 実際にはi386の仮想86モードを利用する仮想EMSが正統であり、元々そのために開発されたとも言われている。
制限
 XMSに比べて、プログラム上の扱いは楽である。
 但し、扱えるメモリーはi386の32ビットアドレッシングの制限から最大32Miバイトであり、またXMSより低速である。
出典: Expanded Memory Specification 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年3月22日 (日) 16:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Expanded Memory Specification (EMS) は、MS-DOS上でのメモリ拡張手法。ロータス、インテル、マイクロソフトの3社が提唱したことから、その頭文字を付けてLIM-EMSとも呼ばれる。

[概要]
 初期のMS-DOSはIntel 8086向けに作られていたことから、8086が扱える最大のメモリ空間である1MB以上を扱うことが考慮されていなかった。8086が登場した当初は8ビットプロセッサの最大64KBの空間に比べると余裕があるように見えたが、ROMやVRAMの為に消費される空間を除いたメインメモリ空間は640KBまたは768KBに制限され、アプリケーションの規模が拡大し、また扱うデータが増大すると1MBでも不足するようになった。 ・・・

富士通 FMV LIFEBOOK CH


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハードウェアEMS (通信用語の基礎知識)
EMS (通信用語の基礎知識)
Expanded Memory Specification (Wikipedia)



【 メモリ拡張ツール の同義語と関連語 】
< 1 >
EMS Expanded Memory Specification Extend Memory Specification ekspǽndid méməri spɛ́səfikéiʃən
イクスパェンディドゥ メモゥリー スペセフィケイシュン イクスパェンディドゥ・メモゥリー・スペセフィケイシュン イクスパンディドゥ メモリー スペシフィケーション イクスパンディドゥ・メモリー・スペシフィケーション
LIM EMS LIM EMS 4.0 LIM-EMS Lotus Intel Microsoft EMS
Lotus Intel Microsoft-EMS Lotus/Intel/Microsoft Expanded Memory Manager Specification イーエムエス リムEMS
ロータス・インテル・マイクロソフト EMS
【 以下関連語 】
EMM386.exe LIM メモリ拡張ツール メモリ拡張手法
メモリ拡張方式 拡張メモリ

拡張メモリ規格 拡張メモリ仕様 仮想EMS ハードウェアEMS
Expanded ekspǽndid イクスパェンディドゥ
イクスパンディドゥ [形容詞] 拡張した 拡大された
増大した Specification spɛ́səfikéiʃən
スペセフィケイシュン スペシフィケーション [名詞] 設計書
仕様書 仕様 諸元表 明細書
SPEC スペック
更新日:2021年 8月 3日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct