本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「メンテサ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 仮数部 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/02/03,URL: https://www.wdic.org/

 指数表記をする際の、有効数字となる部分のこと。
 プログラミングでは、浮動小数点数を表わす際によく用いられる概念である。
出典: 仮数 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年11月15日 (火) 12:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

仮数(かすう)とは、浮動小数点数の一部で、有効数字を構成する部分である。英語では significand、coefficient、mantissa などと呼ぶ(後述)。指数の表現によって、整数で表される場合もあるし、小数で表される場合もある。

[例] 123.456 78 という数を、仮数部が整数の十進浮動小数点数で表すと、仮数は12345678、指数は -5 となる。従ってその値は次の式で表される(指数表記)。12 345 678 × 10^-5、同じ値を正規化表現することもでき、仮数を 1.2345 という小数で表し、指数を +2 とする。1.234 5678 × 10^+2、最後に、同じ値を言語独立算術規格で指定されたフォーマットで表現することもでき、Ada、C言語、FORTRAN、Modula-2 などがこの規格に従っている。0.123 456 78 × 10^+3。 ・・・

富士通 FMV LIFEBOOK CH


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

仮数部 (通信用語の基礎知識)
significand (Wikipedia)



【 メンテサ の同義語と関連語 】
< 1 >
仮数 かすう mantissa mæntísə
マェンテゥッサゥ マンティッサ メンテサ
coefficient kòuifíʃənt コァワゥフィシュントゥ コウエフィシェントゥ
係数 significand signífikənd
シィグネフィキャンドゥ シグニフィキャンド 仮数 仮数部
かすうぶ






有意桁

























更新日:2021年 5月27日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART