本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「モーリス・ローレ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 消費税 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月22日 (土) 23:26 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

消費税(しょうひぜい、consumption tax)は、消費に対して課される租税。1953年にフランス大蔵省の官僚モーリス・ローレが考案した間接税の一種であり、財貨・サービスの取引により生ずる付加価値に着目して課税する仕組みである。消費した本人へ直接的に課税する直接消費税と、消費行為を行った者が担税者であるものの納税義務者ではない間接消費税に分類できる。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

消費税 (Wikipedia)



【 モーリス・ローレ の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
消費税 モーリス・ローレ
consumption tax
コンサンプション・タックス
しょうひぜい









































































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M