本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 無体財産権 の意味 】
出典: 知的財産権 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月29日 (月) 08:40 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/


知的財産権(ちてきざいさんけん、英語:intellectual property rights)とは、著作物(著作権)や工業所有権などといった無体物について、その著作者などが、それに対する複製など多くの行為に関して(無体物であるにもかかわらず、あたかも有体物として財産としている、あるいは所有しているが如く)専有することができるという権利である。専門用語的な解釈としては専有権とされることもある。その性質から、「知的創作物(産業上の創作・文化的な創作・生物資源における創作)」と「営業上の標識(商標・商号等の識別情報・イメージ等を含む商品形態)」および、「それ以外の営業上・技術上のノウハウなど、有用な情報」の3種類に大別される。
[定義]
日本
知的財産基本法(平成14年法律第122号)- 2002年制定

第2条この法律で「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいう。
2 この法律で「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利をいう。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

知的財産権 (Wikipedia)
知的財産権 (コトバンク)

【 無体財産権 の同義語と関連語 】
< 1 >
知的財産権 ìnṭəléktʃuəl prάpɚṭi rάɪt Intellectual Property Right intellectual property right
インタゥラゥクュアルゥ・プラパディー・ライトゥ インテレクチュアル・プロパティ・ライト ちてきざいさんけん 知的所有権
無体財産権


















意匠権 産業財産権 実用新案権 商標権
著作権 特許権
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム