本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 無定形の の意味 】
出典: アモルファス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年8月28日 (日) 23:17 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アモルファス (amorphous)、あるいは 非晶質(ひしょうしつ)とは、結晶のような長距離秩序はないが、短距離秩序はある物質の状態。これは熱力学的には、非平衡な準安定状態である。amorphous は、morphous(形を持つ)に「非」の意味の接頭辞 a‐ が付いた語(19世紀にスウェーデンのイェンス・ベルセリウスが非結晶の固体に対して命名した)。結晶は、明礬や水晶のようにそれぞれ固有の結晶形態を持っており、morphous である。しかし、急冷や不純物が混じった状態で出来た固体は、時間的空間的に規則的な原子配列が取れず非晶質となり、不定形である。 ・・・
出典: アモルファスシリコン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年1月18日 (水) 14:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アモルファスシリコン(英: amorphous silicon)は、ケイ素を主体とする非晶質半導体である。結晶シリコンと比較してエネルギーギャップが大きく、吸光係数が高い、製膜が容易などの特徴を持ち、薄膜トランジスタや太陽電池などに応用される。

[歴史] アモルファスシリコンは、1975年にスピア (W. E. Spear) らがシランの熱分解によって得たのが最初である。

[性質] 本来ダイヤモンド構造を有する結晶シリコンの構造がランダムになり、シリコン原子同士が無秩序に結合したものである。熱力学的に結晶シリコンに比べて不安定な物質であるが、未結合手(ダングリングボンド)に水素を結合させる(水素化する)ことで安定な固体となり、実用に供される。このため水素化アモルファスシリコンとも呼ばれ、しばしば a-Si:H のように表記される。アモルファスシリコンは製法や組成によって電気的・光学的に大きく性質を変化させることが可能である。また結晶シリコンに比して製膜条件が緩く、非結晶性の材料や高温に耐えない材料の上にも製膜しやすい利点を持つ。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アモルファス (Wikipedia)
アモルファスシリコン (Wikipedia)

【 無定形の の同義語と関連語 】
< 1 >
アモルファス Amorphous amorphous アモルファス状態
アモルフェス ひしょうしつ 非晶質




















組織の無い 無定形の



























【 無定形の の同義語と関連語 】
< 2 >
非晶質シリコン a-Si a-Si:H amorphous silicon
アモーファス・シィリィカゥン アモーファスSi アモルファス・シリコン アモルファスSi
アモルファスシリコン アモルフェス・シィリィカゥン 水素化アモルファスシリコン 非晶質半導体
















amorphous W. E. Spear アモルファス アモルフェス
スピア 結晶シリコン 太陽電池 薄膜トランジスタ
非晶質 無定形の




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム