本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 むてじゅん の意味 】
出典: 非同期 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2007/02/27,URL: https://www.wdic.org/

調歩式とも呼ばれる同期方式で、信号伝達のタイミングが定まっていないこと。

[概要] データの転送の方式で、実際のデータを一定のサイズに区切って(7ビットと8ビットが一般的で、この単位をキャラクターと呼ぶ)、そのデータの先頭にスタートビット、最後にストップビットを付加し、1キャラクター毎に同期を取る方式。この方式は、キャラクターの間隔を任意に取ることが出来るという利点があるが、各キャラクターごとにスタートビットとストップビットという、実際のデータとは無関係なデータを送信しなければならないため、同期式にくらべて伝送効率が落ちるという欠点もある。利点は、時分割による回線の多重化が容易である点が挙げられる。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

非同期 (通信用語の基礎知識)

【 むてじゅん の同義語と関連語 】
< 1 >
非同期通信方式 asynchronous connection non-procedure アシンクロナス・コネクション
エイシィンクナス・カネクシュン エイシンクロァナゥス・カネクシュン ちょうほどうきしき ちょうほどうきほうしき
ナン・プロシィージャー ノン・プロシィージャー ノン・プロシージャー ひどうきつうしん
むてじゅん 調歩同期式 調歩同期方式 非同期通信
無手順 無手順プロトコル









Asynchronous TTY手順 アシンクロナス スタート・ビット
ストップ・ビット

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム