本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ノウテイシュン の意味 】
出典: ポーランド記法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年9月26日 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ポーランド記法(ポーランドきほう、Polish Notation)とは、数式やプログラムを記述する方法(記法)の一種。演算子(オペレータ)を被演算子(オペランド)の前(左)に記述することから、前置記法(ぜんちきほう、prefix notation)とも言う。
 その他の記法として、演算子を被演算子の中間に記述する中置記法、後(右)に記述する後置記法(逆ポーランド記法)がある。

[概要]
 例えば、「1 と 2 を加算する」という演算を、一般的に数式の表記に用いられる中置記法で記述すると、以下のようになる。
 1 + 2
一方、ポーランド記法では、加算を表す演算子 + を、被演算子である 1 と 2 の前(左)に置いて、以下のように記述する。
 + 1 2
出典: 逆ポーランド記法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年9月5日 (木) 13:36 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 逆ポーランド記法(ぎゃくポーランドきほう、英語: Reverse Polish Notation, RPN)は、数式やプログラムの記法の一種。演算子を被演算子の後にすることから、後置記法 (Postfix Notation) とも言う。
 その他の記法として、演算子を被演算子の中間に記述する中置記法、前に記述する前置記法(ポーランド記法)がある。
逆ポーランド記法でも、演算子早出し逆ポーランド記法 ERP(early-operator reverse Polish notation)と、演算子遅出し(late-operator)逆ポーランド記法 LRP の分類があり、特に演算子早出し逆ポーランド記法は「その記号の配列順を些かも崩さずに和文に移せる」という特徴がある。
 名称の由来は、演算子と被演算子の順序がポーランド記法の逆になっていることによる。 ・・・
出典: 逆ポーランド記法 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/03/06,URL: https://www.wdic.org/

 演算式の記述方法の一つで、演算子を演算対象の後に置く手法。ポーランド記法の逆。

[概要]
 演算子を演算対象の間に記述する一般的な「中置表記法」に対して、この記法は日本語で「後置表記法」ともいう。
 発案者は、ポーランドの数学者ヤン・ウカシェヴィチ(Jan Łukasiewicz)。
 日本語での数式の読み方と一致する記法となるため、根強い愛用者がある。また、プログラマーの中にはこの逆ポーランド方式を好み、逆ポーランド式の電卓(RPN電卓)を愛用する者も少なからずいる。

[特徴]
スタック式
 この記法は、スタック式とも言われる。
 演算対象が先にあり、最後に演算子が来るため、コンピューター処理に喩えると、演算対象を全てスタックに積んだ後で一気に取り出して演算する、かのように考えることができるからである。
 ゆえに論理的で、プログラマーに愛されており、またオブジェクト指向であるとも言える。
記法
 通常の算術式からの変換方法は、次の基準に従う。 ・・・


【 ノウテイシュン の意味 】
出典: Abstract Syntax Notation One 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年1月25日 (水) 08:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Abstract Syntax Notation One(ASN.1)とは、電気通信やコンピュータネットワークでのデータ構造の表現・エンコード・転送・デコードを記述する標準的かつ柔軟な記法である。マシン固有の技法などに依存せず、曖昧さのない記述を可能とする形式規則を提供する。1984年、CCITT X.409: 1984 の一部として、ISOとITU-Tが策定した。ASN.1 はその適用範囲の広さから、1988年に X.208 として独立することとなった。1995年、改訂版が X.680 シリーズとなっている。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ポーランド記法 (Wikipedia)
逆ポーランド記法 (Wikipedia)
逆ポーランド記法 (通信用語の基礎知識)
Abstract Syntax Notation One (Wikipedia)



【 ノウテイシュン の同義語と関連語 】
< 1 >
Abstract Syntax Notation One Abstract Syntax Notation 1 æbstrˈækt síntæks ASN.1
BER/DER ISO 8824 アェブストゥラェクトゥ・シンタックス・ノウテイシュン・ワン アブストゥラクトゥ シンタックス ノウテイシュン ワン
アブストラクト シンタックス ノーテーション ワン アブストラクト・シンタックス・ノーテーション・ワン エーエスエヌワン
















通信プロトコル 通信用記述言語 Abstract
æbstrˈækt アェブストゥラェクトゥ アブストラクト 抽象的な
抽象化する 理論的な Syntax
síntæks シィンタェックス シンタックス 構文
Notation noʊtéɪʃən ノウテイシュン
ノーテーション 表記 表記法 メモ
記録





【 ノウテイシュン の同義語と関連語 】
< 2 >
ポーランド記法 Polish Notation póʊlɪʃ noʊtéɪʃən ポウリィッシュ ノウテイシュン
ポウリィッシュ・ノウテイシュン ポリッシュ ノーテーション ポリッシュ・ノーテーション 前置記法
prefix notation


















an Lukasiewicz Jan ukasiewicz ヤン・ウカシェヴィチ ヤン・ウカシェーヴィッチ
中置記法 後置記法 逆ポーランド記法
Polish póʊlɪʃ ポウリィッシュ ポリッシュ
ポーランドの ポーランド語 Notation
noʊtéɪʃən ノウテイシュン ノーテーション 表記法
メモ 表示 記録








【 ノウテイシュン の同義語と関連語 】
< 3 >
逆ポーランド記法 Reverse Polish Notation reverse polish notation rɪvˈɚːs póʊlɪʃ noʊtéɪʃən
リヴァース ポウリィッシュ ノウテイシュン リヴァース・ポウリィッシュ・ノウテイシュン リバース ポリッシュ ノーテーション リバース・ポリッシュ・ノーテーション
RPN άɚ píː én アゥーピーエヌ アールピーエヌ
ぎゃくポーランドきほう Postfix Notation ˈpoʊstfɪks noʊtéɪʃən 後置記法
後置表記法


【 以下関連語 】 Postfix ˈpoʊstfɪks ポウストゥフィックス
ポストフィックス 接尾辞

ヤン・ウカシェーヴィッチ an Lukasiewicz reverse
rɪvˈɚːs リヴァース リバース
逆の Polish
póʊlɪʃ ポウリィッシュ ポリッシュ ポーランド語
ポーランドの Notation noʊtéɪʃən
ノウテイシュン ノーテーション 表記法 表示
メモ 記録





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M