本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 「ノット・リーセントリー・ユースト」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ページ置換アルゴリズム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月18日 (月) 22:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ページ置換アルゴリズム(ページちかんアルゴリズム)とは、仮想記憶管理としてページング方式を使用するコンピュータのオペレーティングシステムにおいて、空き物理ページが少ない状態で新たなページを割り当てなければならないときにどのページを「ページアウト(スワップアウト)」するかを決定する方法を意味する。 [NRU (Not Recently Used)] NRU(最近使われていない)ページ置換アルゴリズムは、最近使われたページを残すことを主眼としたアルゴリズムである。このアルゴリズムは以下のように働く。ページが参照されたとき、そのページの参照ビットを立てて参照があったことを示す。同様にページが変更(書き込み)された場合、変更ビットを立てる。これらビットのセットは通常ハードウェア(MMU)が行うが、ソフトウェアレベルで行うことも可能である。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ページ置換アルゴリズム (Wikipedia)



【 ノット・リーセントリー・ユースト の同義語と関連語 】
< 1 >
NRU Not Recently Used Not-Recently Used ノット・リーセントリー・ユースト
ノットゥ・リーセントゥリィー・ユーストゥ






















Recently ページ置換アルゴリズム 最近























更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M