本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ノットゥ・フリークウェントゥリー・ユーストゥ の意味 】
出典: ページ置換アルゴリズム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月18日 (月) 22:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ページ置換アルゴリズム(ページちかんアルゴリズム)とは、仮想記憶管理としてページング方式を使用するコンピュータのオペレーティングシステムにおいて、空き物理ページが少ない状態で新たなページを割り当てなければならないときにどのページを「ページアウト(スワップアウト)」するかを決定する方法を意味する。

[NFU (Not Frequently Used)] NFU(頻繁には使われていない)ページ置換アルゴリズムも、カウンタを必要とするが、この場合は各ページが初期値ゼロのカウンタを持つ。クロック割り込みの度に前回のクロック割り込み以降参照のあったページ全てのカウンタを 1 だけカウントアップする。結果としてカウンタはそのページがどれだけ頻繁にアクセスされているかを示すことになる。したがって、最もカウンタの値の小さいページを必要に応じてスワップアウトする。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ページ置換アルゴリズム (Wikipedia)



【 ノットゥ・フリークウェントゥリー・ユーストゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
NFU Not Frequently Used Not-Frequently Used ノット・フリークェントリー・ユースト
ノットゥ・フリークウェントゥリー・ユーストゥ 頻繁には使われていない





















Frequently ページ置換アルゴリズム 頻繁に




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M