本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ノンオルト置換PCB」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ポリ塩化ビフェニル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月23日 (金) 02:18 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ポリ塩化ビフェニル(ポリえんかビフェニル、polychlorinated biphenyl)またはポリクロロビフェニル (polychlorobiphenyl) は、ビフェニルの水素原子が塩素原子で置換された化合物の総称。略してPCB(ピーシービー)とも呼ばれる。なお、英語ではプリント基板 (printed circuit board) との混同を避け「PCBs」と呼ばれる事もある。熱に対して安定で、電気絶縁性が高く、耐薬品性に優れている。加熱や冷却用熱媒体、変圧器やコンデンサといった電気機器の絶縁油、可塑剤、塗料、ノンカーボン紙の溶剤など、非常に幅広い分野に用いられた。一方、生体に対する毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすい。発癌性があり、また皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起こすことが分かっている。 ・・・

NEC「得選街」


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ポリ塩化ビフェニル (Wikipedia)



【 ノンオルト置換PCB の同義語と関連語 】
< 1 >
PCB píː síː bíː ピー シィー ビー ピー シー ビー
PCBs Poly Chlorinated Bipheny polychlorinated biphenyl pɔ̀liklɔ́ːrineitəd
ポァリィクロゥリネイディドゥ バイフェノルゥ ポァリィクロゥリネイディドゥ・バイフェノルゥ ポリクリネーテッド ビフェニル ポリクリネーテッド・ビフェニル
polychlorobiphenyl コプラナーPCB デカクロロビフェニル ノンオルト置換PCB
ポリクロロビフェニル ポリ塩化ビフェニル ポリ塩化ビフェニール ポリ塩化ビフェニル化合物
モノオルト置換PCB モノクロロビフェニル
































更新日:2021年 4月 1日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct