本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「盗み見」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ハック 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2006/12/13,URL: https://www.wdic.org

 既存のプログラムを改良・改造したり、もしくは一から優れたプログラムを書き上げる行為のこと。

[概要]
 時にハッカーの起こすいたずら行為をハック/ハッキングということがある。物好き;いたずら好き;ひま人のハッカー達が時々行なういたずらで、大抵は悪意を持たない。ゆえに破壊活動などを行なうことは、あまり無い。また、それをする人をハッカーというが、悪意を持っている人はクラッカーと呼ばれ、ハッカーとは別ものとして扱われる。

[特徴]
 コンピューターシステムに侵入し、データを覗いたりする事をハックと表現しようとする事が多いが、本来ハック・ハッカーという語に、そのような意味はない。基本的にハッキングは物をよりよくするために行なうものであり、壊すための行為ではない。 ・・・
出典: ソーシャルクラック 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2009/10/20,URL: https://www.wdic.org

 クラックの方法の一種で、ネットワーク経由ではなく、現実社会でクラッキング攻撃を行なうこと。「ソーシャルエンジニアリング」とも。

[概要]
 電話での会話などから個人情報を漏らすように仕向ける技術。かつて、ネットワークゲームのユーザーがサポートに電話し、他人のパスワードを聞き出して使い不正アクセスで逮捕されるという事件があった。こういったものが、いわゆるソーシャルクラックである。
出典: クラッキング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月26日 (土) 23:03 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 クラッキング(クラック、英: Cracking)とは、コンピュータネットワークに繋がれたシステムへ不正に侵入したり、コンピュータシステムを破壊・改竄するなど、コンピュータを不正に利用すること。オンライン登録やシリアルチェックをスキップして使用するなど、悪用の目的でアプリケーションソフトウェアを改変する行為もクラッキングと呼ぶ。

[概要]
 コンピュータやソフトウェアの仕組みを研究、調査する行為をハッキングという。ハッキングそのものは「高い技術レベルを必要とするコンピュータ利用」といった意味合いであり、善悪の要素を持たない。そのうち、破壊などを伴い他者に迷惑をかけるものや、秘匿されたデータに不正にアクセスすることなど、悪意・害意を伴うもののことをクラッキングと呼び、これには明確な否定的意味合いがある。・・・


【 「盗み見」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ソーシャル・エンジニアリング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年3月29日 (火) 13:27 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ソーシャル・エンジニアリングとは、人間の心理的な隙や、行動のミスにつけ込んで個人が持つ秘密情報を入手する方法のこと。ソーシャル・ワークとも呼称される。あるいはプライベートな集団や政府といった大規模な集団における、大衆の姿勢や社会的なふるまいの影響への働きかけを研究する学問である(Social engineering : 社会工学)。なお、今日喧しいフィッシングやスキミングは、行為自体はコンピュータ内で閉じているが、人間心理的な隙をついている点では同様である。

[概要]
 元来は、コンピュータ用語で、コンピュータウイルスやスパイウェアなどを用いない(つまりコンピュータ本体に被害を加えない方法)で、パスワードを入手し不正に侵入(クラッキング)するのが目的。この意味で使用される場合はソーシャルハッキング(ソーシャルハック)、ソーシャルクラッキングとも言う。・・・
出典: ハッキング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月22日 (水) 10:55 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ハッキング (英語: hacking、別名:ハック,hack) とは、コンピュータの隅々までを熟知した者が行うハードウェア・ソフトウェアのエンジニアリングを広範に意味する言葉。他人のコンピューターに不正に侵入するなどの行為がハッキングと呼ばれる場合もあるが、これは正式にはクラッキングと呼ぶ。本来ハッキングという言葉はエンジニアリングという行為そのものを指す用語であり、悪意・害意を持った行為に限定されるものではない。 ・・・

デル株式会社 NEC「得選街」


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハック (通信用語の基礎知識)
ソーシャルクラック (通信用語の基礎知識)
クラッキング (Wikipedia)
ソーシャル・エンジニアリング (Wikipedia)
ハッキング (Wikipedia)



【 盗み見 の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
ソーシャル・エンジニアリング 機密情報
social engineering 肩越し
sóuʃəl èndʒəníəriŋ 肩越しに
ソゥウシャルゥ エンジニアゥリング
ソゥウシャルゥ・エンジニアゥリング Social
ソーシャル エンジニアリング sóuʃəl
ソーシャルエンジニアリング ソゥウシャルゥ
shoulder hack ソーシャル
ʃóuldər hǽk [形容詞]
ショウルゥダゥー・ハェック 社会の
ショルダー ハック 社会的な
ショルダー・ハック 社交的な
ショルダーハック 懇親の
shoulder surfing [名詞]
ショルダーサーフィン 懇親会
social cracking 親睦会
ソーシャルクラッキング
visual hacking engineering
ショルダーハッキング èndʒəníəriŋ
ショルダハッキング エンジニアゥリング
ソーシャル・ワーク エンジニアリング
ソーシャルハック [名詞]
ビジュアル・ハッキング 工学
ビジュアルハッキング 工作
盗み見 画策
覗き見





























更新日:2022年 8月 6日




【 盗み見 の同義語と関連語 】
< 2 >
同義語・類義語 関連語・その他
ハッキング hack
hacking hǽk
hǽkiŋ ハェック
ハキング ハック
[名詞] [他動詞]
不正侵入 コンピューター・システムに不正侵入する
不法侵入 コンピューター・システムに不正侵入し改変する
不正アクセス ~をたたき切る
盗み見 ~を切り刻む
[自動詞]
cracking 切りつける
krǽkiŋ [名詞]
クラェキング たたき切ること
クラッキング
[名詞] hacker
亀裂 ハッカー
ひび割れ cracker
コンピューター・システムに不正侵入すること クラッカー
コンピューター・システムに不正侵入しプログラムを破壊すること
コンピューター・システムに不正侵入しプログラムを改竄すること cracking tool

クラッキング ツール

クラッキング・ツール

クラッキングツール



































更新日:2021年 7月 2日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M


NEC「得選街」