本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 オーバーライド の意味 】
出典: オーバーライド 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月22日 (日) 03:38 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

オブジェクト指向プログラミングにおいてオーバーライド (override)とは、スーパークラスで定義されたメソッドをサブクラスで定義しなおし、動作を上書きすることである。あるクラスBaseにメソッドprintがあり、あるクラスDerivedがクラスBaseを継承したとする。そのとき、クラスDerivedはクラスBaseにあるメソッドprintをオーバーライドすることにより、再定義することができる。これはオブジェクト指向プログラミングにおけるポリモーフィズムを実現する際によく使われる。 オーバーライドを可能とする条件として、引数の型と数が統一されている必要がある。 ・・・
出典: RLO 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2012/01/18,URL: https://www.wdic.org/

Unicodeの文字集合にある制御文字の一つで、文字の流れを右から左の向きに変えるためのもの。

[概要]
英語や現在の日本語などは、横書きの際、左から右に向けて記述される。
これに対してアラビア語やヘブライ語などは、右から左に向けて記述する。このような言語のために用意されている制御文字である。
ISO/IEC 8859のうち、アラビア語用のISO/IEC 8859-6には無いが、ヘブライ語用のISO/IEC 8859-8にはRLOが用意されている。
[偽装]
実装により、英字などでもRLOで逆に表示される。これを悪用したファイル名の偽装が相次ぎ、問題となった。
例えば「X[RLO]txt.exe」というファイル名があったとすると、「txt.exe」の部分が逆に表示され「exe.txt」となる。結果、「Xexe.txt」となり、本当はEXEファイルであるにもかかわらず、txtファイルであるかのように見えてしまう。
ファイル名にRLOが入ったファイルに実行許可を与えないなどの対策が必要である。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

RLO (通信用語の基礎知識)

【 オーバーライド の同義語と関連語 】
< 1 >
override オウヴァライドゥ オーバーライド くつがえす






















































【 オーバーライド の同義語と関連語 】
< 2 >
RLO RIGHT-TO-LEFT OVERRIDE Right-to-Left Override アールエルオー
右から左






















アラビア語 ヘブライ語 制御文字
Override ˈəʊvəraɪd オァウヴァライドゥ オーバーライド
覆す くつがえす




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム