本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 オフライン・スキャン・アンコレクタブル・セクター・カウント の意味 】
出典: Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月25日 (土) 04:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology (セルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジー、略称: S.M.A.R.T.; スマート) は、ハードディスクドライブと、ソリッドステートドライブの障害の早期発見・故障の予測を目的としてディスクドライブに搭載されている機能である。この機能は、各種の検査項目をリアルタイムに自己診断し、その状態を数値化する。ユーザーはその数値を各種のツール(後述)を用いることで知ることが出来る。全ての故障を予期することは出来ないが、安定した利用環境における経年劣化による故障を知るには非常に有効である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology (Wikipedia)

【 オフライン・スキャン・アンコレクタブル・セクター・カウント の同義語と関連語 】
< 1 >
S.M.A.R.T. Current Pending Sector Count Multi Zone Error Rate Off-Line Scan Uncorrectable Sector Count
Offline scan uncorrectable count Reallocation Count Reallocation Event Count Self-Monitoring,Analysis and Reporting Technology
UltraDMA CRC Error Count UltraDMA CRCエラー数 Write Error Rate オフライン・スキャン・アンコレクタブル・セクター・カウント
オフラゥイン・スカェーン・アンコレクタボルゥ・セクタゥー・カウントゥ カレントゥ・ペンディング・イヴェントゥ・カウントゥ セクタ代替処理発生回数 データ書き込み中のエラー総数
ライトエラーレート リアェラゥケイシュン・イヴェントゥ・カウントゥ リアェラゥケイシュン・カウントゥ 回復不可能セクタ数
代替処理保留中のセクタ数





































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム