本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 オヤキタボタン の意味 】
出典: ボスが来た 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2014年6月23日 (月) 16:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ボスが来た(ボスがきた、Boss key)とは、パソコンソフト(主にPCゲームなど)に搭載されている機能で、特定のキーを押すなどの決められたコマンドを入力することで、瞬時に仕事をしているような画面(パニック画面とも呼ばれる)を表示するものである。パニックモード、ステルススイッチ、ボスボタンなど様々な呼称がある。主にPC-98+MS-DOS時代のフリーソフトの多くに搭載されていた。

[目的] 職場などの私用に使うべきでないパソコンで主に仕事中にゲームなどをしているときに、名前のとおりボス(上司)が来たときに「仕事中のような画面」(オフィススイートなど)を表示し、まるで仕事をしているかのように見せかけるために使われる。この機能を搭載しているほとんどのソフトは、キーボードの特定のキーを押すことでパニック画面が表示される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 オヤキタボタン の同義語と関連語 】
< 1 >
Boss key boss key オヤキタボタン ステルススイッチ
パニックモード ボスが来た ボスキー ボスボタン
ママキタボタン


















パニック画面





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム