本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 織り交ぜる の意味 】
出典: インタレース 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/05/14,URL: https://www.wdic.org/

 画像伝送において、飛び越しながら走査することで、全体のデータ量を増やすことなく画面描画回数を増やすこと。「飛び越し」と訳される。

[概要]
 テレビでの動画配信は、アナログ/デジタル問わず、このインターレース方式が主流である。対して、コンピューターの場合は飛び越しをせずに画面描画を行なう「プログレッシヴ・スキャン」(順次走査)方式が一般的である。

[特徴]
 この走査方式では、水平方向の画面走査を1行おきに走査し、次にその間を埋めるようにまた1行おきに走査し、2回の走査で一画面を構成する。このうち1回の走査の画面をフィールドと呼び、2フィールドあわせた画面をフレームと呼ぶ。
 順次走査並みの画質を半分の帯域で実現できるという特徴を持つが、動きの少ない画面ではちらつくという問題があり、ゆえに電子計算機の画面には不向きである。
 テレビシステムによって異なるが、日本の場合はアナログ/デジタル共に秒間29.97フレーム(59.94フィールド)である。このため日本のテレビでは1秒間に半分ずつの画面を59.94回書き換えていることになる。
出典: インターレース 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年1月14日 (火) 05:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 インターレース (interlace, interlaced scan)は、画像伝送においてデータ量(動画の場合は伝送レートまたは帯域幅)を増やさずに描画回数を増やす技術である。飛び越しと訳すことがある。画像を上(あるいは下など特定の方向)から順に送るプログレッシブ (progressive scan) またはノンインターレース (noninterlace scan) と対になる言葉で、ラスタースキャン方式において、画像全体を飛び飛びに走査・処理する。

[用語]
 テレビの走査線のインターレースやGIF画像のように、飛び飛びに描画される方向が1方向の方式を1次元インターレースという。それに対し、飛び飛びに描画される方向が上下・左右の2方向の方式を2次元インターレースという。2回の伝送で1枚の絵が完成する方式を2:1インターレースといい、これに習って伝送回数に応じて4:1インターレースなどと表す。"lace"はカーテンのレース(を編む)のことで、"Interlace"とは「間を編んでいく(ような走査)」という意味である。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

インターレース (Wikipedia)



【 織り交ぜる の同義語と関連語 】
< 1 >
ノンインターレース No Interlace non-interlace non-interlace method
non-interlace scan non-interlace方式 ナン・インタゥーレゥイス ノン・インターレース
ノンインターレース・スキャン ノンインターレース方式 progressive prəgrésɪv
プログレッセヴ プログレッシブ progressive scan プログレッシブ スキャン
プログレッシブ・スキャン プログレッシブスキャン プログレッシブ方式 順次走査








Interlace ìnṭɚléɪs インタゥーレゥイス インタゥレゥイス
インターレース interlaced scan ɪ̀ntɚléɪst skˈæn インタゥーレゥイストゥ スキャェン
インタゥーレゥイストゥ・スキャェン 飛び越し走査 織り交ぜる
progressive prəgrésɪv プログレッセヴ ログレッシヴ
斬新的 進行性 進歩的 前進する
累進的









ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム