本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 リファクタリング の意味 】
出典: エクストリーム・プログラミング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月13日 (木) 06:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

エクストリーム・プログラミング、XP(英: extreme programming)は、ケント・ベックらによって定式化され、提唱されているソフトウェア開発手法である。柔軟性の高い開発手法であるため、難易度の高い開発やビジネス上の要求が刻々と変わるような状況に向いた開発手法である。事前計画よりも柔軟性を重視する。1999年に書籍『XPエクストリーム・プログラミング入門—ソフトウェア開発の究極の手法』によって発表された。XPは、軽量開発手法あるいはアジャイルソフトウェア開発手法と呼ばれる、同種の開発手法のなかで代表的なものである。柔軟性の高い開発手法であるが、古典的には開発が進むにつれ変更コストは大きくなると言うことを前提に開発手法が構築されているのに対して、自動テストを導入するなど様々な対策をすることにより開発が進んでも変更コストが大きくならないような工夫を持ち込むことにより、変更に対する柔軟性を実現している。この変更コストが増大しないという前提が破綻すると、この手法も破綻する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

エクストリーム・プログラミング (Wikipedia)

【 リファクタリング の同義語と関連語 】
< 1 >
エクストリーム・プログラミング Extreme Programming Explained - Embrace Change eXtreme Programming extreme programming
XP アジャイルソフトウエア開発 エクストリームプログラミング 軽量開発手法




















communication courage feedback Kent Beck氏
refactoring simple design simplicity ケント・ベック
コミュニケーション シンプルさ シンプルデザイン ソフトウェア開発手法
フィードバック プラクティス リファクタリング 勇気
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム