本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ロー フレケンシー の意味 】
出典: 電波の周波数による分類 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月24日 (日) 22:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電波の周波数による分類(でんぱのしゅうはすうによるぶんるい)では周波数帯ごとに慣用の名称や用途などを記している。

[分類]
ITUによる分類
ELF:0.03Hz~300Hz
ULF:300Hz~3kHz
VLF:3~30kHz
LF:30~300kHz
MF:300kHz~3MHz
HF:3~30MHz
VHF:30NHz~300MHz
UHF:300MHz~3GHz
SHF:3~30GHz
EHF:30GHz~300GHz
:300GHz~3THz
出典: 長波 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 12:38 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

長波(ちょうは、LF(Low Frequency)またはLW(Longwave, Long Wave))とは、30 - 300kHzの周波数の電波をいう。波長は1 - 10km、キロメートル波とも呼ばれる。

[概要]
伝搬の特徴としては特に高緯度地域で地表波が安定して利用でき、また大電力の送信機が比較的簡単に製作できる。対潜水艦通信・ラジオ放送・誘導無線・標準電波・LORAN-C無線航行・アマチュア無線などに用いられる。

[長波放送]
国際電気通信連合(ITU)は、無線通信規則(RR)により第1地域(アフリカ・ヨーロッパ)に放送用として148.5 - 283.5kHz(155 - 283.5kHzは航空無線航行と共用)を分配している。地域内の欧州・トルコ・アフリカ・ロシア・モンゴルが振幅変調(AM:Amplitude Modulation)により実施している。日本では秋 - 春の夜間を中心にロシア沿海州、モンゴル、深夜にはタジキスタンなど遠距離の放送も受信可能である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

電波の周波数による分類 (Wikipedia)
長波 (Wikipedia)

【 ロー フレケンシー の同義語と関連語 】
< 1 >
長波 LF Low Frequency lˈəʊ fríːkwənsi
ロゥウ フリークウェンスィー ロゥウ・フリークウェンスィー ロー フリークェンシー ロー・フリークェンシー
ロー フレケンシー ロー・フレケンシー ロウ フリクヮンシィー ロウ・フリクヮンシィー

LW Longwave Long
lˈɔːŋ weɪv ロゥーング ウェイヴ ロゥーング・ウェイヴ ロング ウエイブ
ロング・ウエイブ ちょうは
キロメートル波
30~300kHz


電波 LORAN-C 標準電波 電波時計
船舶無線電信 RFID 航空無線標識局 海上無線標識局
ILS 鉄道誘導無線 アマチュア無線



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム