本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ローカル・エリア・ネットワーク」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: Local Area Network 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月20日 (水) 09:14 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)とは、広くても一施設内程度の規模で用いられるコンピュータネットワークのこと。その頭文字をつづったLAN(ラン)と書かれる場合も多い。一般家庭、企業のオフィスや研究所、工場等で広く使用されている。

[LANの種類] かつては様々な方式のLANが使用されていたが、現在ではイーサネットと、インターネットの(レイヤ4以下の)プロトコルであるTCP/IPを組み合わせるタイプ(イントラネット)が一般的である。最初に発明されたLANがイーサネットであることから、イーサネットとLANがほぼ同義の意味で使用される場合も多い。近年は無線方式による、無線LAN(IEEE 802.11シリーズ)も普及している。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 ローカル・エリア・ネットワーク の同義語と関連語 】
< 1 >
LAN Local Area Network lóukəl έəriə nétwə̀rk ローカル・エリア・ネットワーク
ローカルエリア・ネットワーク ローカルエリアネットワーク ローカルネットワーク PC LAN
PC-LAN パソコンLAN ラン レイヤ2 Ethernet セグメント
構内ネットワーク 構内情報通信網 構内通信網 無線LAN
有線LAN





































更新日:2021年 5月29日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART