本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ローダ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: LILO 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月7日 (木) 14:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

LILO(リロ、ライロウ)はLinuxに使われるブートローダである。LInux LOaderからこの名が取られている。Linux標準のブートローダとして昔から使用されている。Windowsなど別のオペレーティングシステムもブートできる。ブートイメージの保存場所をディレクトリ構造ではなくセクタ位置(ハードディスク上の物理的な位置)として認識する。そのためカーネルを再構築するなどしてブートイメージを作り直した場合やLILOの設定ファイルlilo.confを変更した場合は、LILOへそれを報告しなければならない。そのためのコマンドが/sbin/liloコマンドである。このコマンドによってブートイメージの新しいセクタやlilo.confの内容がLILOへ報告される。このコマンドを実行し忘れるとブートイメージを読み込めなくなって起動に失敗したり、lilo.confの内容が全く反映されなかったりといったことが起こるので注意が必要である。 ・・・

NEC「得選街」


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 ローダ の同義語と関連語 】
< 1 >
GRand Unified Bootloader GRUB LILO LInux LOader
Linux Loader グラブ ライロウ リロ
http://lilo.alioth.debian.org/


















Boot Camp dual boot dualboot loader
multi boot multi-boot NTLDR OS Loader
デュアルブート ブートマネージャ ブートローダ ブートローダー
マルチブート ローダ ローダー











更新日:2020年 8月 7日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M