本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ロードバランシング」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: サーバロードバランス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月11日 (火) 16:51 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

サーバロードバランシング(英語: Server Load balancing)は、クライアント/サーバネットワークにおいて、クライアントとサーバの間にロードバランサー(負荷分散装置)を設置し、通信アプリケーションの(TCP/UDP)ポート番号をもとに、2台以上のサーバが分散処理を行う、コンピュータシステム。通常は、サーバはサーバ技術者、ネットワークはネットワーク技術者が相互に依存することなく構築が行われるが、サーバロードバランスにおいては、サーバ構築とネットワーク構築の高度なインテグレーションが必要となる。サーバのスケーラビリティーが簡単に拡張でき、保守運用コストも圧縮されるので、多くのWebアプリケーションに適している。負荷分散(英: Load balancing)とは、コンピュータネットワークにおける技法の一種であり、作業負荷を多数のコンピュータ/プロセス/その他のリソースに分散し、リソースの利用効率を高め性能を向上させる手法。一般にロードバランサと呼ばれるシステムを利用する。 ・・・

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム) マカフィー・ストア


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 ロードバランシング の同義語と関連語 】
< 1 >
channel bonding FT IEEE 802.3ad LAG
NIC Teaming NICチーミング teaming イーサチャネル
チーミング チャネルボンディング トランキング フォールトトレランス
ボンディング ラグ リンクアグリゲーション ロードバランシング
負荷分散










冗長化 耐障害性 帯域向上























更新日:2020年11月29日




【 ロードバランシング の同義語と関連語 】
< 2 >
Global Server Load Balancing GSLB グローバル サーバ ロード バランシング グローバル・サーバ・ロード・バランシング
グローバルサーバロードバランシング ロード バランシング ロード・バランシング ロードバランシング
広域負荷分散


















負荷分散

























更新日:




【 ロードバランシング の同義語と関連語 】
< 3 >
LB load balancing Web Farm Webファーム
ウェブファーム ロードバランシング 負荷分散




















load balancer ロードバランサ
























更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct