本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ロジスティックかいき」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ロジスティック回帰 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年1月13日 (金) 05:27 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ロジスティック回帰(ロジスティックかいき、英: Logistic regression)は、ベルヌーイ分布に従う変数の統計的回帰モデルの一種である。連結関数としてロジットを使用する一般化線形モデル (GLM) の一種でもある。1958年に David Cox が発表した。確率の回帰であり、統計学の分類に主に使われる。医学や社会科学でもよく使われる。モデルは同じく1958年に発表された単純パーセプトロンと等価であるが、scikit-learn などでは、パラメータを決める最適化問題で確率的勾配降下法を使用する物をパーセプトロンと呼び、座標降下法や準ニュートン法などを使用する物をロジスティック回帰と呼んでいる。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ロジスティック回帰 (Wikipedia)



【 ロジスティックかいき の同義語と関連語 】
< 1 >
Logistic regression loudʒístik rigréʃən ロゥウジシテック リグレッシュン ロゥウジシテック・リグレッシュン
ロジステック リグレッション ロジステック・リグレッション ロジスティック回帰 ロジスティックかいき
ロジスティック回帰分析


















David Cox氏 シグモイド関数 ロジスティック関数 回帰分析REGRES 5.1A
発生確率 Logistic loudʒístik
ロゥウジシテック ロジステック [名詞] 算数
算術 [形容詞] 物流の 物流に関する










更新日:2021年 8月 5日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART