パステム IT用語辞典・IT用語同義語辞典

 IT用語の同義語とそれに関連すると思われる関連語、同音異義語、英語の読み方、用語解説を確認できます。 先頭 24語が同義語・類義語グループ、最後部 16語がその関連語のグループです。


用語解説【論理アドレス】
出典:「仮想記憶」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月25日 (月) 12:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ 仮想記憶(かそうきおく、英語: Virtual Memory、バーチャルメモリ)とは、コンピュータ分野におけるメモリ管理の仮想化技法の一種であり、オペレーティングシステムなどが物理的なメモリを、アプリケーション・ソフトウェア(プロセスなど)に対して、専用の連続した主記憶装置に見えるように提供する。この技術により、物理的な主記憶装置に加えてハードディスク装置等の補助記憶装置を併用すれば、物理的な主記憶装置よりも大きな仮想メモリを提供する事ができる。またアプリケーション・プログラム側は、物理メモリ上のアドレスを意識しなくて良いため、マルチタスクの実現が容易である。このため現代のオペレーティングシステムの多くが仮想記憶をサポートしている。

IT用語同義語・関連語【論理アドレス】
< 1 >
logical address virtual address ヴァーチュアル・アドゥレス ラジカル・アドゥレス
仮想アドレス 仮想アドレス空間 仮想記憶 相対アドレス
論理アドレス
































IT用語同義語・関連語【論理アドレス】
< 2 >
virtual memory ヴァーチュアル・メムリ バーチャル メモリ バーチャル メモリー
バーチャル・メモリ バーチャル・メモリー バーチャルメモリ バーチャルメモリー
仮想メモリ 仮想メモリー 仮想記憶 仮想記憶装置












logical address virtual address 仮想アドレス 論理アドレス














【 IT用語索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集

 各用語の詳しい解説は、用語を「ドラッグ」後「右クリック」し、このページから直接 「Google検索」するか、「IT用語辞典リンク集」をご利用ください。