本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ロゼッタネット標準 の意味 】
出典: RosettaNet 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年1月29日 (金) 11:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RosettaNet(ロゼッタネット)は、電子商取引の標準化団体。メッセージフォーマットにXMLを採用、メッセージの送受信にHTTPベースの独自プロトコルRNIF (RosettaNet Implementation Framework) を使う。2006年現在本部は米国東海岸にあり、アジア各国、ヨーロッパ、オーストラリアに地域団体 (RosettaNetではアフィリエイトと呼んでいる) がある。日本にはアフィリエイトとしてロゼッタネット・ジャパンがある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 ロゼッタネット標準 の同義語と関連語 】
< 1 >
RNIF RosettaNet RosettaNet Implementation Framework ロゼッタネット
ロゼッタネットゥ・インプラマンテイシュン・フレイムワゥーク ロゼッタネット標準





















Fadi Chehade氏 ロゼッタネット・ジャパン ロゼッタネットジャパン



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム