本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ロバート・デナード」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: デナード則 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年1月25日 (土) 18:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 デナード則は、ロバート・デナードが共著した1974年の論文に基づくスケーリング則である。デナード・スケーリングやMOSFETスケーリングとも言われる。元々MOSFETに対して定式化されたものであり、概ね、電力使用は面積に比例するが電圧と電流の大きさは長さに反比例するため、トランジスタが小さくなっても電力密度は一定を保つためことを述べている。

[ムーアの法則と処理能力との関係]
 ムーアの法則によると、トランジスタの数は2年ごとに2倍になる。デナード則と合わせると、これはワットあたりの処理能力が同じ速度で成長し約2年ごとに倍になることを意味する。この傾向はクーメイの法則と呼ばれる。倍になる速度は当初クーメイにより1.57年(ムーアの法則の倍になる期間よりもやや速い)であると提案されていたが、最近の推定ではこの速度が遅くなっていることが提案されている。

[2006年ごろのデナード則の崩壊]
 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

デナード則 (Wikipedia)



【 ロバート・デナード の同義語と関連語 】
< 1 >
デナード則 デナードそく デナード・スケーリング デナード・スケーリング則
MOSFETスケーリング モスエフイーティー・スケーリング





















ロバート・デナード ムーアの法則 クーメイの法則























更新日:2020年 6月19日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



NEC「得選街」