本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ロボット犬」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: AIBO 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/10/13,URL: https://www.wdic.org/

 ソニーの開発した、ペット用犬風ロボット。

[概要]
 AIBOという名の語源は、AI(人工知能)、EYE(目)を持つこと、そして人のよきパートナー「相棒」の音を掛けたものとされている。1999(平成11)年に登場して以来15万台を売り上げたが、2006(平成18)年1月26日にソニーはロボット事業からの撤退を発表、2006(平成18)年3月に生産を終了した。今も知名度は高いが、製品としては既に終了している。在庫のない部品も多かったものの、その後もソニーは「クリニック」と呼ばれた修理サポートを続けたが、2014(平成26)年3月、遂に修理サポートも終了した。

[歴史]
初代
 1999(平成11)年6月1日から日本で3000台、米国で2000台の限定発売が行なわれ、世界中の注目を集めた。この時の価格は、日本版が25万円(税別)、米国版が2,500ドル。 ・・・
出典: AIBO 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月31日 (日) 06:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売している、ペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された製品は全てが大文字のAIBOであったが、2018年にデザインなどを変更して発売された分は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」(ローマ字表記: aibou, aibō)にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。 ・・・

デル株式会社 レバテック キャリア


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

AIBO (通信用語の基礎知識)
AIBO (Wikipedia)



【 ロボット犬 の同義語と関連語 】
< 1 >
AIBO aibo Artificial Intelligence roBOt ɑ̀rtifíʃəl intélidʒəns róubɑ̀t
アゥーダゥフィッシャルゥ インテリィジャンス ロウバゥットゥ アゥーダゥフィッシャルゥ・インテリィジャンス・ロウバゥットゥ アーティフィシャル インテリジェンス ロボット アーティフィシャル・インテリジェンス・ロボット
あいぼ アイボ Sony Entertainment Robot エンターテイメント ロボット
エンターテインメント・ロボット エンタテイメント ロボット エンタテイメント・ロボット ペットロボット
ロボット犬 ERS-7M3









robot róubɑ̀t ロウバゥットゥ ロボット
[名詞] 人造人間 産業ロボット サーチエンジン
奴隷 Artificial ɑ̀rtifíʃəl
アゥーダゥフィッシャルゥ アーティフィシャル [形容詞] 人工の
人工的な 人為的な Intelligence
intélidʒəns インテリィジャンス インテリィジェンツ インテリジェンス
[名詞] 知能
更新日:2021年 4月 4日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



NEC「得選街」