本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ロボテック」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ロボティック・プロセス・オートメーション 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月19日 (火) 03:18 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)とは、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。 [RPAと今までの自動化との違い] RPAは、画面上のアプリケーション、システム画面を識別し、人間と同じように操作を行うことができるようなソフトウェア(ソフトウェアロボット)によって実現されている。ソフトウェアロボットは伝統的なプログラム言語で構築されるわけではなく、事前に設定された実行手順に従って動作する。RPAが目指すのは伝統的なIT部門スタッフ向けのプログラミングベースの自動化ではなく、ITナレッジの少ない業務部門スタッフ向けの直観的な操作で構築可能な自動化である。ソフトウェアロボットは仮想知的労働者で、業務部門のスタッフが未経験の新入社員をトレーニングするように、直観的な方式で短時間でトレーニング(構築)することが可能である。 ・・・

レバテック キャリア


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ロボティック・プロセス・オートメーション (Wikipedia)



【 ロボテック の同義語と関連語 】
< 1 >
RPA Robotic Process Automation roubɑ́tik prɑ́sɛs ɔ̀təméiʃən ロバデック プロァセス オートゥメイシュン
ロバデック・プロァセス・オートゥメイシュン ロボティック プロセス オートメーション ロボティック・プロセス・オートメーション
Digital Labor dídʒitəl léibər ディジタゥルゥ レゥイバゥー ディジタゥルゥ・レゥイバゥー
デジタル レイバー デジタル・レイバー デジタルレイバー
digital work force dídʒitəl wərk fɔrs ディジタゥルゥ ゥワゥーァク フォァス ディジタゥルゥ・ゥワゥーァク・フォァス
デジタル ワーク フォース デジタル・ワーク・フォース





Robotic roubɑ́tik ロバデック レボテック
ロボテック ロボットのような 機械的な
Labor léibər レゥイバゥー レイバゥー
レイバー 勤労 作業 労働
ソフトウェア・ロボット ソフトウェアロボット 仮想知的労働者






更新日:2021年 5月27日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M