本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ルート・フラップ・ダンプ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: Border Gateway Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月6日 (水) 03:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Border Gateway Protocol(ボーダ・ゲートウェイ・プロトコル、略称 : BGP)はインターネットの基幹となるルーティングプロトコルである。インターネットにおける最大の構成要素となる自律システム(Autonomous System:AS)の管理者のポリシーをAS間の経路制御に反映させる事を目的として設計された。

[概要]
 自律システム (AS) 間のルーティングを行うExterior Gateway Protocol(EGP)の通信プロトコルである。・・・

[BGPにおける問題と緩和策]
ルートフラッピング
 ルートフラップダンピングは、ルートフラッピングによる影響を軽減させるために組み込まれている。 ルータでのフラッピングはWAN/WLANのリンクやインターフェースが故障したり自己修復されたりすること、誤設定されること、誤管理されることで発生する。 もしルートフラップダンピングがなかった場合、フラッピングを起こしたルートはただちにルーティングテーブルから削除されるが、その際にルータに高負荷がかかる恐れがあり、それがルーティングの安定性に重大な影響を及ぼす可能性がある。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Border Gateway Protocol (Wikipedia)



【 ルート・フラップ・ダンプ の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
ルートフラッピング flap
route flapping flǽp
rúːt flǽpiŋ フラゥップ
ルートゥ フラゥッピング フラップ
ルートゥ・フラゥッピング [自動詞]
ルート フラッピング はためく
ルート・フラッピング 羽ばたく
経路フラッピング [他動詞]

~をはためかせる

[名詞]

はためくこと


flapping

flǽpiŋ

フラゥッピング

フラッピング

[名詞]

羽ばたき


経路情報

経路選択

ルート・フラップ・ダンプ





































更新日:2022年10月11日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

カスペルスキー セキュリティ 体験版