本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ループバック・インターフェース」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 127.0.0.0/8 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2011/02/03,URL: https://www.wdic.org/

 IPv4アドレスのブロックの一つ。127.0.0.0〜127.255.255.255の範囲。

[概要]
 このアドレス範囲は、RFC 1122で、ループバックアドレスとして定義されている。
ホスト内で使うために定義されており、ホスト外に出してはならないことになっている。通常はIPスタックによってせき止められる。

[特徴]
 通常は、127.0.0.1が使用され、このIPv4アドレスに対応するホスト名はlocalhostである。CのマクロではINADDR_LOOPBACKが対応する。
 本来は127.0.0.0/8なら何でも良い(127.0.0.0と127.255.255.255の2つはブロードキャストアドレスのため除外)が、実装としてINADDR_LOOPBACKとの比較で処理するものが多いため、127.0.0.1以外が使えない実装が多い。
 本来の用途とは異なるが、RBLなどの実装の多くではDNSプロトコルの返却値に特殊なアドレスが使われており、127.0.0.2 = スパム、127.0.0.4 = open proxy、のような実装が多いようである。これらが返ってきた場合は、ブラックリストに登録されている。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

127.0.0.0/8 (通信用語の基礎知識)



【 ループバック・インターフェース の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
ループバックアドレス ループバック・テスト
::1 折り返しテスト
0:0:0:0:0:0:0:1 折り返し試験
127.0.0.1 loopback test
127.0.0.0/8 loopback interface
127.0.0.0〜127.255.255.255 ループバック・インターフェース
local loopback
local loopback address loopback
lóukəl lúːpbǽk ədrés loop-back
ロゥウコァルゥ ループバェック アドゥレス lúːpbǽk
ロゥウコァルゥ・ループバェック・アドゥレス ループバェック
ローカル ループバック アドレス ループバック
ローカル・ループバック・アドレス [名詞]
ローカルループバックアドレス 折り返し
ローカル ループバック
ローカル・ループバック
ローカルループバック
ループバック アドレス
ループバック・アドレス
RFC1122
localhost
ping 127.0.0.1





































更新日:2022年 8月12日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M