本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ルビ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ルビ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年11月2日 (土) 15:17 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ルビ(英語: ruby)は、文章内の任意の文字に対しふりがな/説明/異なる読み方といった役割の文字をより小さな文字で、通常縦書きの際は文字の右側/横書きの際は文字の上側に記されるものである。
 明治時代からの日本の活版印刷用語であり、「ルビ活字」を使用し振り仮名(日本語の場合)やピン音(中国語の場合)などを表示したもの。日本で通常使用された5号活字にルビを振る際7号活字(5.25ポイント相当)を用いたが、一方、イギリスから輸入された5.5ポイント活字の呼び名がruby(ルビー)であったことから、この活字を「ルビ活字」とよび、それによってつけられた(振られた)文字を「ルビ」とよぶようになった。明治期つまり19世紀後半のイギリスでは活字の大きさを宝石の名前をつけてよんでいた。 ・・・

ノートンストア


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ルビ (Wikipedia)



【 ルビ の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
ルビ
ruby
rúːbi
ルービィー
ルビー
[名詞]
ルビー型活字
7号活字
フリガナ用活字
ルビ活字
5.25ポイント
5.5ポイント
振り仮名
フリガナ

ルビを振る
ルビを組む















































更新日:2022年 2月26日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M