本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ルピカ」又はそれに関連する用語の意味 】
サークライン
 サークラインは東芝ライテックの登録商標
出典: 蛍光灯 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年1月26日 (日) 14:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 蛍光灯(けいこうとう)または蛍光ランプ(fluorescent lamp)、蛍光管(けいこうかん)は、放電で発生する紫外線を蛍光体に当てて可視光線に変換する光源である。方式は 熱陰極管 (HCFL; hot cathode fluorescent lamp) 方式と 冷陰極管 (CCFL; cold cathode fluorescent lamp) 方式とに大別される。一般照明用に使用される蛍光灯は一部の例外を除いてほとんどが熱陰極管方式であり、冷陰極間方式は液晶モニターのバックライト用途などに使用されることが多い。

[6 蛍光管の種類]
6.2 環形蛍光管
 丸形、円形ともいう。ドーナツ状の蛍光管(環形蛍光灯を総称して「サークライン」と呼ぶことがあるが、東芝ライテックの登録商標<日本第468682号>である)。
 ● 一般型 - FCL(現在の家庭用では多く使用されている。口金はG10)
  ・ 9、15、20、30、32、40
 ● ラピッドスタート型 - FCR(現在はほとんど使われていない)
  ・ 20、30、40
 ● スリムタイプ - FHC(主に家庭用、高周波点灯専用。口金はGZ10)
  ・ 13、20、27、34、41
 ● ツインタイプ ・・・
出典: 環形蛍光ランプ 【英語名】 circular fluorescent lamp 『光技術用語解説 ウシオ電機株式会社』 引用年月日 2020年 2月22日 JST URL:https://www.ushio.co.jp/jp/technology/glossary/

解説
 環形蛍光ランプとは、棒状の発光管(ガラス管)を円形状にした蛍光ランプのこと。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

蛍光灯 (Wikipedia)
環形蛍光ランプ (ウシオ電機株式会社)



【 ルピカ の同義語と関連語 】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
環形蛍光ランプ circular
FCL sə́ːrkjələr
éf síː él サゥーキュラゥー
エフ シィー エィルゥ サーキュラー
エフ・シィー・エィルゥ [形容詞]
エフシィーエィルゥ 円形の
エフ シー エル 環状の
Circular Fluorescent Lamp
circular fluorescent lamp fluorescent
sə́ːrkjələr flɔːrésənt lǽmp flɔːrésənt
サゥーキュラゥー・フラゥーセントゥ・ラゥェンプ フラゥーセントゥ
サーキュラー・フローレスントゥ・ランプ フローレスントゥ
丸型蛍光ランプ [形容詞]
丸型蛍光灯 蛍光の
丸形蛍光灯 蛍光性の
丸形蛍光管 [名詞]
丸形蛍光ランプ 蛍光灯
環形蛍光管
環形蛍光灯 CFL
サークライン Compact Fluorescent Lamp
リングライト kəmpǽkt flɔːrésənt lǽmp

コゥンパェクトゥ・フラゥーセントゥ・ラゥェンプ

コンパクト・フローレスントゥ・ランプ

lightbulb

電球形蛍光灯


パルック

ホタルック

メロウ

ルピカ





















更新日:2022年 2月12日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M