本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ルハー の意味 】
出典: アーカイバー 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2010/04/16,URL: https://www.wdic.org/

 複数のファイルを一つのファイルにまとめること。及びそれを行なうためのソフトウェアなどのこと。英語の原義で「書庫」。最後の音引きを略して「アーカイバ」とも。

[概要]
 UNIXではtarがよく使われる。
 パーソナルコンピューターでは、ZIPやLHAが多く用いられる。ZIPやLHAにはファイルを圧縮する機能があるが、tarには圧縮機能がないためgzipやcompressなどのソフトを併用して圧縮する。
 アーカイブと同時に圧縮を行なうソフトウェアも多いが、圧縮すること自体はアーカイバーとは無関係である。つまり、「アーカイバーは圧縮するソフト」などという認識は間違いである。

[特徴]
 主要なアーカイバーに、次のようなものがある。
主としてUNIX用
● cpio
● tar
主としてMS-DOS/Windows用
● CAB
● GCA
● LArc
● LHA
● LHarc
● RAR
● XIP
出典: LHA 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月31日 (土) 04:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 LHA(ラー)とは、ファイルの圧縮とアーカイブを行うソフトウェアのひとつ。また、圧縮ファイルの形式はその拡張子からLZH(エルゼットエイチ)と呼ばれる。ここではLZH形式についても述べる。

[プログラム]
 LHAは、奥村晴彦が考案したアルゴリズムをもとに、吉崎栄泰が実装したもので、1988年にパソコン通信で公開した。登場当時はLHarc(エルエイチアーク)という名前で、1990年頃に全面的に作り直したのに併せLHAに改称した。当初はLHに改称の予定で、実際にバージョン2.00はLHとして公開したが、MS-DOSバージョン5.0の内部コマンドLOADHIGHの略称LHと被ったためLHAとした。ごく初期には「LHx/LHa」という名称・表記だった。発音は、初期バージョンではLHAを「ラー」とすると作者による説明があったが、後期バージョンではその説明はない。また、RARとの混同を避けるためにも、「エルエイチエー」「ルハー」「エルハ」等といった発音が大勢である。・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アーカイバー (Wikipedia)
LHA (Wikipedia)

【 ルハー の同義語と関連語 】
< 1 >
LHA éléɪtʃéɪ エィルゥエイチエイ .LZH
.lzh .lzhファイル File Extension .lzh エルハ
LHARC LHarc LZH lzh
LZHファイル LZHフォーマット LZH形式 エルエイチアーク
エルエイチエー エルエイチエイ エルエッチエー エルゼットエイチ
ラー ルハー LZSS Huffman Archiver LempelZivSS Huffman Archiver
LZ(LempelZiv)SS Huffman Archiver


file extension 拡張子 データ圧縮方式 ファイル圧縮
ファイル圧縮形式 ファイル圧縮方式 ファイル解凍
よしざき はるやす よしざきはるやす 奥村 晴彦 吉崎 栄泰
吉崎 栄泰氏 吉崎栄泰 吉崎栄泰氏
圧縮・解凍ソフト Archiver άɚkɑɪvɚ アーァカゥイヴァー
アーカイヴァ アーカイバ アーカイバー 複数ファイルを一つにまとめるソフト







ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム