本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ループ型ネットワーク の意味 】
出典: ネットワーク・トポロジー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年12月7日 (土) 09:11 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ネットワーク・トポロジー (network topology) は、コンピュータネットワークのトポロジー。数学的にはグラフ理論の応用として研究されている。一般的には、ネットワーク上のノード(英: node、「節点」あるいは「頂点」を意味し、具体的にはコンピュータやネットワーク機器など端末のこと)と、ネットワークの経路(エッジ、英: edge、「枝」や「辺」を意味する)との相関をダイアグラムで抽象化した概念のことである。「ネットワーク構成」や「網構成」とも言う。論理的な意味のほか、物理的な実装形態でも用いられ、例えばFTTHの幹線網の網構成)も同様にネットワーク構成と言う場合がある。

[基本的なトポロジー]
 主に以下の様な構成が用いられる。
環型(リング型)
メッシュ型
星形・車輪型(スター型)
コネクト型
バス型
木形(ツリー型)



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

リング型ネットワーク (コトバンク)



【 ループ型ネットワーク の同義語と関連語 】
< 1 >
ring network リング型LAN リング型ネットワーク リングがたネットワーク
ループ型ネットワーク 環状ネットワーク ループ型LAN リング型
リング型接続 環状接続 ring topology
ríŋ təpάlədʒi ゥリング トゥポロゥジィー ゥリング・トゥポロゥジィー リング トポロジー
リング・トポロジー リング型トポロジー ループ型トポロジー
Token Ring トークンリング





network topology トークン・バスLAN ネットワーク・トポロジー
topology təpάlədʒi トゥポロゥジィー トポロジー
形態 接続形態




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct