本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ループバック の意味 】
出典: 127.0.0.0/8 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2011/02/03,URL: https://www.wdic.org/

 IPv4アドレスのブロックの一つ。127.0.0.0〜127.255.255.255の範囲。

[概要]
 このアドレス範囲は、RFC 1122で、ループバックアドレスとして定義されている。
ホスト内で使うために定義されており、ホスト外に出してはならないことになっている。通常はIPスタックによってせき止められる。

[特徴]
 通常は、127.0.0.1が使用され、このIPv4アドレスに対応するホスト名はlocalhostである。CのマクロではINADDR_LOOPBACKが対応する。
 本来は127.0.0.0/8なら何でも良い(127.0.0.0と127.255.255.255の2つはブロードキャストアドレスのため除外)が、実装としてINADDR_LOOPBACKとの比較で処理するものが多いため、127.0.0.1以外が使えない実装が多い。
 本来の用途とは異なるが、RBLなどの実装の多くではDNSプロトコルの返却値に特殊なアドレスが使われており、127.0.0.2 = スパム、127.0.0.4 = open proxy、のような実装が多いようである。これらが返ってきた場合は、ブラックリストに登録されている。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

127.0.0.0/8 (通信用語の基礎知識)



【 ループバック の同義語と関連語 】
< 1 >
ループバックアドレス ::1 0:0:0:0:0:0:0:1 127.0.0.1
127.0.0.0/8 127.0.0.0〜127.255.255.255 local loopback local loopback address
ローカル ループバック アドレス ローカル・ループバック・アドレス ローカルループバックアドレス ローカル ループバック
ローカル・ループバック ローカルループバック ループバック アドレス ループバック・アドレス
RFC1122 localhost ping 127.0.0.1








ループバック・テスト 折り返しテスト 折り返し試験 ループバックテスト
loopback test loopback interface ループバックインターフェース loopback
ループバック

















更新日:2020年 1月 3日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART