本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 詐欺を働く の意味 】
出典: 募金詐欺 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月1日 (火) 11:23 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 募金詐欺(ぼきんさぎ、Charity fraud)とは、詐欺の一形態。ボランティアやチャリティ活動と称して街頭募金活動をする、戸別訪問して募金を募る、あるいはホームページを開設したり電子メールや葉書を送付して、ありもしない話をでっち上げたり、実在する有名な話題(災害など)に便乗したりして金品を詐取する行為。事例として2007年10月に子供の難病を救う会と名乗る団体が募金詐欺を働いていたことが発覚したり、中国でチャン・ツィイーが「四川大地震」のために集めた募金の用途が不明ということで、収支内容を全て公開させる運動が起きている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

募金詐欺 (Wikipedia)

【 詐欺を働く の同義語と関連語 】
< 1 >
募金詐欺 Charity fraud Charity Phishing Scams チャラディー・フィッシング・スキャム
チャラディー・フロードゥ チャリティさぎ チャリティフィッシング詐欺 チャリティ詐欺
寄付金詐欺 義援金詐欺

















fraud frˈɔːd フロードゥ フロード
詐欺行為 詐欺師 偽物
scam skˈæm スキャェム 詐欺
詐欺を働く 悪徳商法
寄付
チャリティ活動 ボランティア 慈善事業
a phishing scam フィッシング詐欺 ア・フィッシング・スキャェム ア・フィッシング・スキャム
フィッシング・スキャェム フィッシング・スキャム





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム