本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「冗長」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 冗長化 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月14日 (木) 20:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

冗長化(じょうちょうか)とは、システムの一部に何らかの障害が発生した場合に備えて、障害発生後でもシステム全体の機能を維持し続けられるように、予備装置を平常時からバックアップとして配置し運用しておくこと。冗長化によって得られる安全性は冗長性と呼ばれ、英語ではredundancyと呼ぶ。常に実用稼動が可能な状態を保ち、使用しているシステムに障害が生じたときに瞬時に切り替えることが可能な仕組みを持つ。障害によってシステムが本来の機能を失うと、人命や財産が失われたり、企業活動が大きな打撃を受けるような場合には、冗長性設計が必須となっている。 ・・・




【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 冗長 の同義語と関連語 】
< 1 >
redundancy redundant redundant configuration じょうちょう
じょうちょうか じょうちょうせい リダンダンシー リダンダンシィー
リダンダント 冗長 冗長化 冗長構成
冗長性 二重化 余剰 余剰物
余分 余裕




































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART