本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「情報交換用漢字符号系」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: JIS漢字コード 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月8日 (水) 07:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

JIS漢字コード(ジスかんじコード)とは、日本工業規格の、漢字などの文字コードである。通常はベンダ(発売元)制定の漢字コードや中国・台湾で制定された漢字コードに対して日本工業規格として制定された漢字コードを指すときに使用するが、文脈によっては広義のJIS漢字コードには含まれるが、JIS X 0208:1997において初めて正式に規格に取り入れられた「Shift_JISコード」に対する「JISコード」を指すこともある。日本工業規格において定められた漢字コードとしては、JIS X 0208(非漢字、第1、第2水準漢字)JIS X 0212(非漢字、補助漢字)JIS X 0213(非漢字、第1~第4水準漢字)JIS X 0221(国際符号化文字集合)がある。 ・・・




【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 情報交換用漢字符号系 の同義語と関連語 】
< 1 >
2,965字 3,384字 3,390字 JIS X 0208
jis kanji standard JIS漢字コード JIS漢字水準 JIS第一水準漢字
JIS第二水準漢字 ジス漢字コード 情報交換用漢字符号系











































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct