本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 相変化メモリ の意味 】
出典: 相変化メモリ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 最終更新 2017年2月19日 (日) 03:33 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

相変化メモリ(そうへんかめもり・英: Phase Change Random Access Memory)は、相変化記録技術を利用した、不揮発性メモリであり、PCRAM・PRAM・PCMとも呼ばれる。DRAMとの違いはキャパシター部分を相変化膜に置き換えだけであり、従来の製造プロセスと親和性が高く、技術的に共通点が多く、既存の設備を流用し易い。結晶相は低抵抗でアモルファス相は高抵抗である事を利用してデータの記録に利用する。書き込みは素子への熱変化により行う。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 相変化メモリ の同義語と関連語 】
< 1 >
PCM PCRAM Phase Change RAM Phase Change Random Access Memory
PRAM ピーラム フェイズ・チェインジ・ラェンダゥム・アクセス・メムリ フェーズ・チェンジ・ランダム・アクセス・メモリ
相変化メモリ 不揮発メモリ 不揮発性メモリ















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム