本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 素数判定プログラム の意味 】
出典: 素数判定 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月30日 (日) 03:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

素数判定(そすうはんてい)とは、ある自然数 n が素数であるか合成数であるかを判定する問題である。素数判定を行うアルゴリズムのことを素数判定法という。RSA暗号の鍵生成のように素数性の判定は応用上重要であるので、素数性を高速に判定するアルゴリズムは計算理論において強い関心の対象である。仮定なしで決定的かつ多項式時間で終了する素数判定法が存在するか否かは長らく未解決の問題だったが、2002年にそのような素数判定法が存在することを示す論文がAgrawal, Kayal, Saxenaにより発表された(AKS素数判定法)。しかし多項式の次数が高く、実用上はAPR(Adleman-Pomerance-Rumely)判定法などのほうが高速であることが多い。なお、メルセンヌ数など特殊な形をした数に対しては次数の低い多項式時間で動作するアルゴリズムがあることが知られている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 素数判定プログラム の同義語と関連語 】
< 1 >
AKS素数判定法 そすうはんてい 確率的素数判定法 決定的素数判定法
素数判定 素数判定アルゴリズム 素数判定プログラム 素数判定法



















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム