本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 スィクス・ポイントゥ・ワン・チャヌル・サラウンドゥ の意味 】
Front-L,Center,Front-R,Surround-L,Rear-Center,Surround-R,Subwoofer
フロント左,センター,フロント右,レフト,ライト,サラウンド左,サラウンド右,サブウーファー
出典: サラウンド 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月25日 (月) 07:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

サラウンド(英語:surround)は、音声の記録再生方法のひとつである。モノラル(1.0ch)、ステレオ(2.0ch)音声よりも多くのチャンネル(3ch以上)を有する。一般的には単にサラウンド、あるいはサラウンド音声という言い方がされる。

[チャンネル数の記述] 現在では、サラウンドのチャンネル数は通常「5.1ch」「7.1ch」などと記述される。通常のスピーカは1chで1とカウントし、超低音域再生専用のスピーカー(サブウーファー)は、通常のスピーカのch区分とは異なるという意味で「.1ch」とカウントする。つまりピリオドで区切って区別しているだけであり、小数の0.1ではない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

サラウンド (Wikipedia)

【 スィクス・ポイントゥ・ワン・チャヌル・サラウンドゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
6.1 channel surround 6.1ch 6.1Channel 6.1chサラウンド
6.1チャンネル 6.1チャンネルサラウンド 7個のスピーカー surround signals of 6.1 ch
スィクス・ポイントゥ・ワン・チャヌル・サラウンドゥ ろくてんいちチャンネル・サラウンド ろくてんいっチャンネル・サラウンド 前方左,前方中央,前方右,左,右,後方左,後方右,低音専用
















.1ch 0.1ch Subwoofer サブウーファー
サラウンド 取り囲む
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム