本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 スーパーサンプリングアンチエイリアス の意味 】
出典: アンチエイリアス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月23日 (火) 15:49 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アンチエイリアス (anti-aliasing) は、サンプリングやダウンサンプリングでエイリアシングが起きないようにするための処理。画像に対して行なうと、ジャギー(ピクセルのギザギザ)が目立たなくなる。

[デジタル画像におけるアンチエイリアス]
 コンピュータで扱うデジタル画像ではピクセル単位より細かく描画することは出来ない。このため、物体の輪郭にジャギーと呼ばれるギザギザが発生してしまう。このジャギーを軽減し少しでも目立たなくするために、物体の輪郭を背景と融合するように、色を滑らかに変化させることをアンチエイリアスといい、その処理をアンチエイリアシングという。 ・・・
3DCGにおけるアンチエイリアシング
スーパーサンプリング (Super-Sample Anti-Aliasing, SSAA)
表示する画像解像度より高解像度に描画しておき、描画終了時に高解像度画像を表示解像度に変換(ダウンサンプル)してから表示する。その際、高解像度画像のピクセルを平均化して表示解像度画像が生成される。高品質な画像を生成できる反面、アンチエイリアスのレベルnに応じて、演算負荷およびリソース消費量がnの2乗で増大していくため、非常に負荷が高くなる。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

アンチエイリアス (Wikipedia)



【 スーパーサンプリングアンチエイリアス の同義語と関連語 】
< 1 >
SSAA Super Sampling Anti-Aliasing Super-Sample Anti-Aliasing súːpɚ sǽmplɪŋ ˈænti ˈeɪliəsɪŋ
スーパゥー サェンプリィング アェンティー エイリィアゥシィング スーパゥー・サェンプリィング・アェンティー・エイリィアゥシィング スーパー サンプリング アンチエイリアス スーパー・サンプリング・アンチエイリアス
スーパーサンプリングアンチエイリアス


















Aliasing ˈeɪliəsɪŋ エイリアシング エイリィアゥシィング
エイリィアゥジィング 曲線のギザギザ 斜線のギザギザ
アンチエイリアス アンチエイリアス処理 FSA Full-Scene Anti-Aliasing
anti ˈænti アェンティー
アンチ ǽntai アェンタイ 反対の
反対して 反対意見の









ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct