本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 スクワットゥ の意味 】
出典: サイバースクワッティング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年10月4日 (火) 06:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 サイバースクワッティング(英語: cybersquatting、ドメイン占拠)は、後で高く売りつけるためにインターネットのドメイン名を所得することに対する蔑称である。サイバースペース等で用いられる cyber(元はサイバネティックス参照)と squatting (居座り)を組み合わせた造語である。サイバースクワットとも称する。

[概要]
 インターネットのドメイン名はまず間違いなく投機の対象にすべきものではない。だが、ドメインを管轄している米ネットワークソリューションズ社の場合、一人で複数のドメインを取得することが許されており、しかも自由に譲渡できるので、ドメイン占拠者は、商標その他を含んだドメイン名を予め所得しておき、その利用に対し高い値段をふっかけることができる。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

サイバースクワッティング (Wikipedia)



【 スクワットゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
cyber-squatting cybersquatting sáɪbɚ skwɑ́tɪŋ サイバー・スクアター
サイバー・スクワット サイバー・スクワティング サイバー・スクワディング サイバースクワッター
サイバースクワッティング サイバースクワット タイポ・スクワティング タイポスクワッティング
ドメイン占拠 類似ドメイン占拠













squat skwάt スクワットゥ スクワット
しゃがむ しゃがみ込む 座る
squatting skwɑ́tɪŋ スクワディング 居座り
いすわり 不法占拠 無断占拠
スクワター 不法占拠者 ドメイン占拠者
造語










ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct