本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 すてみつ の意味 】
出典: 見積 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月28日 (土) 04:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

見積(みつもり)とは、金額・量・期間・行動を前もって概算すること。見積り、見積もりとも書く。また、それらを書面に記載したものを見積書(みつもりしょ)と呼ぶ。

[相見積の概要] 複数の業者から見積を取る事(見積書を提出してもらうこと)を相見積(あいみつもり)と呼ぶ。「合見積」とも表記することがある。口頭では短く「あいみつ」と表現されることがある。 [あてみつ・すてみつ] 発注者が複数の見積書を取ったにも関わらず、その比較を通じて客観的に発注先を選定をする気がない見積(つまり「出来レース」である場合のこと)を、ビジネス上の隠語で「あてみつ(当て馬の見積)」あるいは「すてみつ(捨てるだけで採用されない見積)」と表現する事がある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

見積 (Wikipedia)

【 すてみつ の同義語と関連語 】
< 1 >
あいみつ あいみつもり あいみつを取る あてみつ
すてみつ 合見積 相見積 相見積もり
相見積を取る 当て馬の見積

















みつもりしょ 競争入札 見積もり 見積り
見積書 入札

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム