本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 第2世代無線LAN規格 の意味 】
出典: IEEE 802.11 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月31日 (木) 01:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)は、IEEEにより策定された、広く普及している無線LAN関連規格の一つである。無線局免許不要で使えるものも多い。

[IEEE 802.11a] 周波数に5GHz帯を使うため、2.4GHz帯の11b, 11gのような電子レンジの影響を受けにくい利点があるが、信号強度の空間伝搬損失は通信に使用する周波数の2乗に比例するため、2.4GHz帯の11b,11gの信号ほど遠くまで伝搬しない。狭い帯域幅で高い転送速度を実現できたが、あまり普及しなかった。 ・・・
出典: IEEE 802.11 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月31日 (木) 01:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)は、IEEEにより策定された、広く普及している無線LAN関連規格の一つである。無線局免許不要で使えるものも多い。

[IEEE 802.11b] 正式には "IEEE 802.11 High-Rate Direct Sequence" と言う。IEEEの「802委員会」の中にある「ワーキンググループ11」の「タスクグループB」が策定した。2.4GHzのISM帯と呼ばれる、免許不要で扱える周波数帯域を利用する。1997年 - 1999年にかけて規格審議が行われ、従来のIEEE 802.11規格と互換性を持たせて伝送速度を2Mbpsから最大11Mbpsに拡張した規格が成立した(オプション規定として22Mbpsのものもある)。技術としては、IEEE 802.11規格の3種類の物理レイヤ規格の中で直接拡散方式(DS方式)をベースにCCK (Complementary Code Keying) 方式を採用することにより高速度化を実現した。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IEEE 802.11 (Wikipedia)

【 第2世代無線LAN規格 の同義語と関連語 】
< 1 >
IEEE 802.11a 11a 802.11 エー 802.11a
IEEE 802.11a規格 Wi-Fi CERTIFIED 802.11a Wi-Fi5 アイトリプルイー 802.11 エー
アイトリプルイーはちまるにてんいちいちエー 第2世代Wi-Fi規格 第2世代無線LAN 第2世代無線LAN規格
















5.15~5.35GHz 5.2GHz 5.47~5.725GHz 54Mbps
5GHz band 5GHz帯 certified CSMA/CA
OFDM OFDM方式 ごギガヘルツたい サーティファイド
サゥーディファイドゥ 公認の 認定された














【 第2世代無線LAN規格 の同義語と関連語 】
< 2 >
IEEE 802.11b 11b 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.1 1High-Rate Direct Sequence アイトリプルイー 802.11 ビー アイトリプルイーはちまるにてんいちいちビー いちいちビー
第2世代無線LAN 第2世代無線LAN規格
















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム