本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 帯域管理プロトコル の意味 】
出典: Resource Reservation Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年10月12日 (月) 03:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Resource Reservation Protocol(リソース リザベーション プロトコル、訳:リソース予約プロトコル、略:RSVP)は、通信プロトコルの一つ。IPネットワークで送信元から送信先までの帯域をあらかじめ予約することで、ネットワーク上の通信路の品質保証を行なうプロトコルである。IETF の RFC 2205 によって規定されている。

[概要]
RSVPはインターネット・プロトコル (IP) またはUDP (User Datagram Protocol) の上位プロトコルとして機能し、2台のコンピュータが通信経路上における CPU、バッファ、帯域などのリソースを確保し、QoS(通信品質)を保証する。RSVPは主にIntServ(イントサーブ)と呼ばれるQoS保証方式のために使用される。
RSVP においては、送受信を行う2台のコンピュータの間でデータ通信開始時に制御メッセージをやりとりすることによって、両者を結ぶ経路上にあるルーターやスイッチが伝送帯域を確保する。テレビ会議やリアルタイムの動画像配信などでは即時性・連続性が求められ、RSVPはこれらの一定量のデータ伝送速度が連続的に必要なシステムのために開発されている。
Resource reSerVation Protocol という奇妙な略し方は、欧米で手紙の末尾に書く "RSVP"(Répondez s'il vous plaît、フランス語で「ご返事をお願いします」)に合わせたものである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Resource Reservation Protocol (Wikipedia)

【 帯域管理プロトコル の同義語と関連語 】
< 1 >
Resource Reservation Protocol R.S.V.P. ríːsɔɚs rèzɚvéɪʃən próʊṭək`ɔːl Repondez s'il vous Plait
ReSource reserVation Protocol Resource ReSerVation Protocol Resource Reservation Setup Protocol resource reservation setup protocol
RFC 2205 RSVP アール・エス・ブイ・ピー アールエスブイピー
リソーァス・レザゥヴェイシュン・プロトゥコァールゥ リソース リザベーション プロトコル リソース・リザベーション・プロトコル リソース予約プロトコル












IntServ IPv5 QoS ST-II
Stream Protocol-II イントサーブ エスティーツー 帯域管理プロトコル























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム